土木・建築系エンジニアへの転職 / エンジニアの転職・就職活動成功方法

土木・建築系エンジニアへの転職

土木・建築系エンジニアに転職するには

土木・建築系のエンジニアを募集している仕事を調べてみると、以下のものを見つけることができました。

 

建築現場の現場管理

 

新しい建物を建てたり、内装を変えたり、原状回復をする場合、そこを管理する専任担当者が必要になります。土木・建築系のエンジニアの場合、現場の仕事を管理し、時には引渡しまで行います。作業現場の流れを、すべて熟知している必要があります。

 

土木・建築系のエンジニアで高収入を得るには

 

エンジニアは、上述の様な仕事を行う場合、「全体を見渡すことができる人材」でなくてはなりません。

 

ただ家の内装を変えるだけでも、そこには多くの人材が関わります。そういった人材の作業内容を熟知していること、クライアントや営業と定期的に話し合いを行うことなどが、仕事内容になります。より高いコミュニケーション能力を必要とする仕事になるでしょう。

 

現場だけでなく、クライアントや営業とも良質な関係を築くことができることができると企業から求められる人材になります。

 

土木・建築系エンジニアは現場経験者が強い

 

エンジニアの仕事の中でも、土木・建築系に転職をする場合、やはり現場経験者であると有利です。求人を見ても、土木・建築系の仕事の場合、高収入名求人は現場を管理する中心的存在として仕事をこなすことを要求されています。

 

この様な仕事をこなすには、やはり現場で建築・土木に携わった人間であることが必要になるでしょう。つまり、レベルの高い仕事を要求される、ということです。土木・建築系のクライアントには、技術以外のスキルも求められます。


ホーム RSS購読 サイトマップ