AUTOCADエンジニアへの転職 / エンジニアの転職・就職活動成功方法

AUTOCADエンジニアへの転職

AUTOCADエンジニアへの転職

エンジニアの仕事には様々な仕事がありますが、その中でもAUTOCADを使った仕事というのがあります。

 

CADオペレーターやCADエンジニアという仕事で色々な業界で必要とされる仕事なので、AUTOCADを使った仕事は良い条件の転職先も比較的多く見つかります。

 

CADオペレーターは手書きの設計図を正確な図面にする仕事で、CADエンジニアはCADを使用して設計や製図を行います。また、AUTCADには平面のCADデータや3DのCADデータなどそれぞれの目的に応じたCADデータが使用されます。

 

AUTOCADの技術が求められる分野

 

AUTOCADは、構造設計や土木設計、建築設計そしてインテリアなど建築分野で使われていることがよく知られていますよね。

 

また工業分野での金型や配管などの図面作成、最近ではアパレル分野でも使われており、AUTCAD経験者の転職先は広がってきているのではないでしょうか。特に建築関係では、平面の設計図から建物を立体的に見せる3DのAUTCADを使った仕事などがあり、エンジニアだけでなく、営業スタッフでもAUTCADを簡単に扱える人が多くいます。

 

AUTCADの知識が転職に有利になる

 

例えば、転職希望先が家や建物、製品などを制作している場合には、AUTCADの知識があれば転職に有利となってきます。

 

また、AUTCAD経験者であれば、その業界の知識がなくても、専門職としての転職が可能となります。

 

モノづくりの現場への転職を希望する場合には、今後AUTOCADの知識が有利になってくるのではないかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ