CADエンジニアとしての転職 / エンジニアの転職・就職活動成功方法

CADエンジニアとしての転職

CADエンジニアとしての転職

エンジニアと一口に言っても、システムエンジニアやサーバーエンジニア、そしてテクニカルエンジニアなど、実に様々な種類があります。しかも、何でもかんでもパソコンで作成する昨今、設計分野においては、その大半がCAD(キャド)エンジニアです。

 

ですから、CADエンジニアという巾広い肩書きでの求人は実に多く、比較的転職の容易な職種とは言えるでしょう。

 

CADとは”コンピュータ支援設計”

 

そもそもCADというのは、Computer Aided Designの略で、日本語では“コンピュータ支援設計”と称されています。

 

ようするに、コンピューターを使って設計やデザインをする仕事は全て、基本的にCADという事になるんですね。となると、「自分もCADエンジニアとして活躍しているんだ」とか、「CADエンジニアとしてやって行けるんじゃないか」って思う人も多いのではないかと思います。

 

希望の分野で良いCADの募集案件を見つけるには

 

ただ、企業が募集する場合には、単純に家屋の間取りなどを設計するトレーサーから、大型機械の基本設計や詳細設計を担当する設計士まで、具体的に希望している事が多く、商品デザインやインテリアデザインなどのデザイナーや、ゲームや画像作成などのクリエイターを募集している事もあります。

 

また、転職を希望するCADエンジニア側にも、自分が専門とする分野があるのが普通でしょう。

 

そこで、適任のCADエンジニアの転職を実現するためには、やはり双方のマッチングが非常に大事になり、そのマッチングを取り付けるために登録制度が設けられているのです。なので、CADエンジニアとして転職を希望する場合には、評判のいい求人サイトに登録し、なるべく細かく明確に自分をアピールする登録をしてみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ