開発系エンジニアへの転職 / エンジニアの転職・就職活動成功方法

開発系エンジニアへの転職

開発系エンジニアへの転職

エンジニアと聞いてどのような仕事が思い浮かぶかといえば、ソフトウェアの開発などIT関連の仕事が多いのではないかと思います。

 

特に最近では、スマートフォンやクラウドの普及が進み、開発担当のエンジニアの転職情報が多くなっています。アプリの開発がしたいとエンジニアに転職を決める人も多いのかもしれませんね。

 

ソフトウェアの開発などをする場合、必要になってくるのはそれぞれの開発言語です。

 

転職情報を見ていても、JavaやPHP、.NETなどの開発言語ができるエンジニアを募集していることが多いようです。ソフトウェアの開発などに携わるエンジニアって本当に色々な開発言語を覚える必要があって大変なんですね。

 

開発系エンジニアになりたい方におすすめの言語

 

もし、これからエンジニアとして転職し、アプリやソフトウェアの開発に携わりたいという人にはまずC言語の取得をおすすめします。

 

開発言語はたくさんありますが、C言語は古くからあり、現在使われている多くの開発言語に派生しているので、基礎となる言語です。逆に言えば、C言語が分かっていれば、他の開発言語の経験がなくても転職が可能になるかもしれないということなんです。

 

もちろん、他の開発言語ができれば、転職の際のアピールになります。ソフトウェアの開発の経験がなくても、まずはC言語などを取得し知識を得ていくことが開発系エンジニアへの転職の近道となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ