組込みエンジニアへの転職 / エンジニアの転職・就職活動成功方法

組込みエンジニアへの転職

転職を機に組込みエンジニアになる方へのメッセージ

組込みエンジニアの不足が問題視されている昨今、転職を機会に組込みエンジニアの仲間入りをしようと考える人も多いようです。

 

実際、組込みエンジニアを養成しようという動きは、国を挙げて進められているらしく、失業保険をもらいながら通える専門学校や講座も人気を集めていますね。さらに、もっと困った事には、未経験者でもOKと堂々と謳ったエンジニアの転職希望者を募る人材派遣会社が多数存在する事です。

 

様々な業界で求められる組込みエンジニア

 

組込みエンジニアは、電機機器業界や機械業界をはじめ、自動車業界や通信業界など、多くの業界で必要不可欠とされる人材です。

 

加えて、近年はIT業界でハードウエアやソフトウエアのプログラミングスタッフを組込みエンジニアに含める場合も少なくありません。当然、引く手あまたにはなって来る訳ですが、どの業界も転職希望者に求めるところは共通します。

 

まず一番重要視されるのはコミュニケーション能力と個人の個性で、次いで重要視されるのが実践での技術力、腕前という訳ですね。そして、最終的な決め手となるのが専門知識と経験だといいますから、基本知識は持っていて当たり前というのを前提に話を進めている訳です。

 

それを考えると、中途半端に勉強して転職に成功出来たとしても、組込みエンジニアとして存続して行く事は困難だと思われます。だからこそ、組込みエンジニアの不足や質の低下が問題視されるのでしょう。

 

転職を機に組込みエンジニアの道を歩むなら

 

それを踏まえ、今後転職を機に組込みエンジニアの道を歩こうと思われる方は、まずは関連のサイトでしっかりと情報収集する事。エンジニア専門の転職サイトに登録しておくと募集情報が見れるので、どんな技術が求められているのか、どういう技術があれば就職しやすいのかといった傾向がわかります。

 

そして、それなりの時間を掛けて、しっかりとした基礎知識を身に付ける事が大切だと言えるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ