イメージ画像

転職先でIT業界が人気

転職先として、IT企業を考えている方も多いでしょう。

ITとは information technologyの略語で、情報処理などの技術のことを指して呼びますが、転職先や就職先として、IT業界が大変な人気を集めています。

今、世界はインターネットで繋がり、企業では一人に一台のパソコンが与えられるぐらいにIT化が進んでいるので、転職先としてIT業界が注目を集めるのです。転職先にIT業界を選べば、伸び盛りの企業で活躍することができるでしょう。

転職先ではありませんが、私はアルバイトとしてIT企業に勤務したことがあります。そのときのIT企業での仕事内容は営業で、私のようなアルバイトばかりではなく、転職して正社員として働いている方も大勢いました。

転職して正社員として働いていた方々は、始めはアルバイトで働き、その後正社員として働くことを希望して採用された方がほとんどでした。私はIT企業で営業として働いていましたが、仕事内容はIT技術を売るというものではなくキーワードを売るという仕事で、転職してきた方も同じように営業していました。

インターネットのIT企業だったので、キーワード検索をするユーザーを企業の利益へと導けるように、検索ワードを転職してきた方と一緒に販売していたのです。

 

■IT系企業への転職ではコンピュータ技術が必要か?

転職先としてIT企業を選べば、コンピュータの技術を活かして仕事が出来ると考えている方もいるでしょう。
逆に言えば、コンピュータの技術を持っていないと転職先としてIT企業を選べないと思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、IT企業は企業ですから、技術部門もあれば営業部門もありますし、法律部門もあれば事務職もあるので、ITに転職すれば技術系の仕事ができるわけではありません。

ただ、逆に言えば、IT企業だからといって、転職者にコンピュータ技術ばかりを求めていないということになります。コンピュータに詳しくない方も、転職先にIT企業を考えることができるということです。

ですから転職先に伸び盛りのIT業界を選びたいと考えている方は、技術を持っていなくても、注目してみると良いでしょう。もちろん、技術を持っている方は、その技術を活かせるように、転職先にIT業界を選ぶと良いと思います。

転職しようと考えている方は、インターネットや転職サイトを上手に活用してIT企業を選ぶと良いでしょう。いえ、IT企業を転職先に選ぼうというのですから、ネットぐらいは使えるようにしてください。

ネット上にはIT企業の求人を掲載しているサイトがたくさんあるので、転職活動時には有効活用しましょう。IT企業へ転職して活躍すれば、楽しい毎日が待っているかもしれません。

 


フリーエンジニアのお仕事探し【e-Engineer】

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:IT系企業への転職

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ