イメージ画像

面接時の転職理由の答え方

大学や線も学校で卒業後の就職以外では、転職する理由を必ず聞かれます。
面接時には正直に答えるのが一番ですが、
一身上の都合で転職したいと思っていますなどの差しさわりの無い答えでは上手な理由とは言えません。
転職の理由を考える時には、その転職したい企業に入りたい事をアピールする事が大切になってきますから、
その事についてしっかりと答える事が大切になってきます。
今の職場、あるいは辞めているのであれば元の職場についてよりも、転職したい企業への魅力を答えると印象が良くなります。
言っても差し支えない理由のひとつには、条件面が厳しすぎる事などは言っても良いかもしれません。
例えば、休日が少ない事、そしてサービス残業が多過ぎる事、そして保育園が近くにないなどの理由も良いでしょう。
しかしながら、あまり良い印象を与えられないのは人間関係がうまく行かな買った事を話すのはあまり良くはありません。
どの職場も1人で働くような仕事で無い限りは人間関係は重視されますので、面接での上手な転職理由の言い方としてふさわしくはないでしょう。
ある程度は何らかの問題があって転職するわけですから、否定的な意見があっても良いと考えるかもしれませんが、
転職したい企業へのアピールをする場として利用するのが最も効果的になるといえるでしょう。
そのように言うには、今いる職場の不満を話すよりは、転職をしたい企業の魅力を語ると良い印象得られて、
転職活動が円滑に進む可能性が高くなるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職前・転職後の悩み

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ