イメージ画像

薬剤師の求人情報 ~病院と企業での勤務を比較

薬剤師の求人には、病院の求人と企業の求人があります。

薬剤師の求人情報、病院と企業の違いを比較してみると、圧倒的に病院の求人数の方が多いでしょう。
薬剤師と言えば、病院勤務がとても多いのです。
また、病院には規模にもよりますが、とても沢山の薬剤師がいるでしょう。

しかし、企業のや薬剤師はそこまで沢山の人を雇用する訳では有りません。
また、企業内薬剤師は、薬剤師の中でもさまざまなタイプがあるのです。

企業の中に診療所があり、そこで薬剤師として働く企業内薬剤師も居ますし、企業内で薬の研究をする企業内薬剤師もいるでしょう。
研究をしたいのか、病院よりも少しゆっくりとした場所で薬剤師をしたいのかにも違いが出てくると言われています。

病院の薬剤師は、給与が一定の物が多いでしょう。
地域によって違いは有りますが、病院によっての薬剤師の違いは余り無いと言われています。
また、給与はとても安定していますが、給与が上がる事は難しい場所なのです。

しかし、企業内薬剤師は企業によって給与も違うと言われていますし、高い給与を貰いたいのであれば企業内薬剤師を狙っても良いでしょう。

けれども、前述の通り企業内薬剤師は求人数が病院と比べると少ないのです。
また、病院と違っていつ倒産する可能性があるかもわからないのが、企業内薬剤師の不安な所でしょう。

こういった面を良く考えて、自分に向いている方を選んだ方が良いと思います。
薬剤師と言っても、病院勤務と企業勤務では大きな違いがあるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:薬剤師の転職活動

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ