イメージ画像

妥当な転職理由とは?

最も退職で使われるのは一身上の都合で退職させてただ来ますが多いですが、
辞める理由はいくつもあります。
営業でノルマを課せられているのであれば、ノルマが厳しいと伝えるも方法です。
本当の理由の中で、質問されないのは、Uターンをしたいと言う事でしょう。
親の面倒を見る必要が出てきたので、呼び寄せるか、地元に帰るか考えたのですが、
地元に帰る事にしましたと伝えれば、納得していただける事が多いです。
仕方のない事情とししては、会社の倒産、および会社からのリストラ、
そして契約社員や派遣社員の場合は契約期間満了による退職です。
他にも転職しようと思った理由ランキングを見ると、
会社には報告しにくい理由で転職しようとしている人も多いです。
例えば会社の将来性に不安がある事を理由にしている人は多いですが、
実際に業界的に先細りしている業種もありますので、理由としては正当性を持ちますが、
会社には言えない理由の一つです。
他にやりたい仕事があるを挙げる人も多いですが、これは会社によっては使っても差し支えないですが、
伝える時に何をしたいのかを言わないと、会社も納得しないかもしれません。
専門知識や技術を習得したい、あるいはキャリアアップをしたいという人もいますが、
会社には伝えにくでしょう。
待遇面で不満を持っている人も多く、給料が低い事や残業が多い事、そして休日が少ない事を不満に思い、
転職される人もいました。
本音論はありますが、それを書くのは躊躇する理由の場合は、一身上の都合で退職したいと申し出るのが良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職の理由

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ