イメージ画像

転職したい理由

不景気になると、給与は下がる傾向があります。
企業の収益がさがっているのですから、当然ですよね。
そういった場合、転職を考えたりするのですが、これは結構リスクも伴います。

転職すれば全てが解決するわけではないのです。
もっと給料は欲しいから転職するわけなのですが、実際に転職したら給料が必ず増えるわけではありません。
実際転職の実情を調査したものでは、転職した結果給料が上がったのは30%程で逆に下がった人も多いです。

とはいえ、転職の際は長期的な考えもポイントです。
評価によるものや、昇給が多い場合などは結局総合的な収入は上がることになります。
その為転職の場合、転職先の給与形態の調査は必須でしょう。

もっと給料が欲しいから転職して下がっては意味ないですしね。
やっぱり人生設計は大事です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職の理由

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ