イメージ画像

転職を決意した理由は?

転職を考える理由として多くなっているは、
人間関係の問題によって転職したいという事です。
他にも給料の低さを考えて転職する事もありますが、
人間関係に疲弊して転職す人や人間関係に悩みを抱えて転職する人も多いでしょう。
近年は、セクハラだけではなく、パワハラと呼ばれるパワーハラスメントを理由に挙げる人もいます。
上司から無理難題を押し付けられて悩んでしまい、疲れ果ててうつ病になる人もいます。
休職をしている最中に突然の解雇通知を受ける人もいると聞きました。
他にも残業が多い事や休日が少ない事を挙げる人も出てきています。
残業については実質サービス残業になっている所もありまして、
問題も多くなっています。
理由の一つには、企業経営上人件費を抑制する為に人を入れられないこともありますが、
一時的に忙しいだけでは、求人を出せない企業側の理由もあると聞きました。
他には、業界的に不安な会社もありまして、その業種から抜け出したい人もいます。

転職理由のランキングはその年や景気の波によって変動がありますが

会社の将来性が不安や給与に不満がある、そして残業が多い、さらに休日が少ない事が上位に上がってきます。
他にもほかにやりたい仕事がある事や専門知識・技術を習得したい、そして幅広い経験、さらに幅広い知識を積みたい、
業界の先行きが不安な事を挙げる人もいます。
またUターンやIターンしたい人もいますし、業界の先行きが不安な人もいました。
切実な問題としては倒産、あるいはリストラ、雇用契約上の契約期間満了の場合もあります。
近年派遣はある一定期間を過ぎると、正社員へなれるような制度がありますので
その一定期間内に雇用期間を満了する会社も増えてきているのも問題に上がっているようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職の理由

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ