イメージ画像

転職理由の例 ~ブラック企業を強引に辞める場合

ブラック企業から転職をする場合は、様々な方法があります。

今はブラック企業に務めていなくても、いざと言うときにもブラック企業を強引に辞めるときの転職理由を考えてみた方が良いかも知れませんね。

まず、ブラック企業といってもブラック企業の度合いが違いますよね。
ブラック企業と言う言葉は、単純な激務の仕事、ちょっと不満がある仕事、給料の少ない仕事にもブラック企業と言われる事が多いのです。
その為、ブラック企業の度合いによっても止め方が違うと言われています。

実際に、どこからどう見てもブラック企業であれば、労働基準監督署等に相談をしてみると良いでしょう。
ブラック企業であれば、辞めたいと言ってもなかなかやめさせてくれない事も多いのです。
その為、まずはしっかりとした機関に相談をする事で、円滑に辞める事が出来るのです。

相談をする事が出来る場合は、サービス残業の未払いがあった場合や、どう見ても基準を違反している労働時間、パワハラ被害等です。
そういった所に心当たりがある場合は、労働基準監督署に相談をして見ると良いでしょう。

また、そういった事が無くても通常であれば、辞職一か月前までに退職届を出す事でやめる事が出来ると言われています。
ブラック企業でも、しっかりと退職届を出すことでやめる事が出来るでしょう。

周りに説得をされたり後数か月と退職を伸ばされたとしても、容認しない強い意志が、ブラック企業退職にはとても大切だと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職の理由

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ