イメージ画像

転職理由の例 ~入って間もない職場をやめる場合

入ったばかりの職場は、長年勤めた職場よりも意外に辞めやすい物なのかも知れません。
入ったばかりの職場を辞めるときの転職理由を考えてみた場合、一番多いのが合わなかった、と言う事でしょう。

職場を決めるときは、様々な点を見て決めますよね。
勤務場所や職場、仕事内容に給与等、決めるべきポイントはとても沢山有ります。
しかし、その全てが良いとは限らないのです。

しっかりと働きたいと思っていても、いざ働いてみるとなかなか合わない職場だったと言う事もありますよね。
実際に、仕事を初めて一か月以内に退職をする人は少なくはないと言われています。

最初の三か月が大変、だと言われていますが、その三か月の間に脱落をしてしまう人は多いでしょう。
特に、仕事が覚える事が多い職場や激務の職場は、仕事に慣れるまでが大変ですよね。

出来れば続けた方が、今後の為になるでしょう。
しかし、どうしても無理だと判断をした場合は、早めに退職をした方が良いでしょう。

半年程働くと、ずるずるとずっと働いてしまう事も多いでしょう。
しかし、長く働けば働くほど、なかなか退職をする事が難しくなってしまうのです。
一か月二か月程度でしたら、止める人も少なくはない期間です。

転職理由としては、職場環境や仕事内容が合わなかった、と言うだけで良いでしょう。
それだけでも十分転職理由になりますし、実際にこういった理由で転職をする人はとても多いのです。

出来れば仕事は一定期間以上続けたい物ですが、どうしても合わない場合は転職をお奨めします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職の理由

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ