イメージ画像

転職理由の例 ~業績が悪い職場を速やかにかつ後腐れなく辞める場合

業績が悪い職場辞めたいと言う人もいるのではないでしょうか。
業績が良くない職場をさっさと辞めるときの後腐れのない転職理由を考えてみた場合、一番良いのは全く仕事とは関係のない理由を挙げる事だと思います。

ここで大切なのは、後腐れなく止める、と言う事です。
仕事への不満や業績等に不満がある場合もありますが、それらを正直に述べてしまうとどうしても後腐れが出てきてしまいますよね。

一人暮らしの人でしたら実家に帰らなくてはいけない用事が出来た、実家暮らしの場合は家族の看病が出来た等の理由が良いでしょう。
通常であれば、こういった嘘をついて退職転職をする事は余りお奨めする事は出来ません。
しかし、家族を理由に出す事が一番、後腐れなく退職をする事が出来る理由だと思うのです。

業績が良くない、と言うのは、自分自身の業績が上がらない場合もありますし、逆に会社の業績が悪く給与面や今後の方針に不安がある場合もありますよね。
そういった場合は、やめてしまいたいと思っても仕方がないでしょう。

後腐れなく仕事を辞めると言う事は、とても大変な事です。
例えば、業績の悪い職場でいきなり退職をするとなると、周囲からはどんな理由を言ってもいい訳にしか聞こえない場合もあるかも知れません。

しかし、一度やめてしまえば会社に行く事も無いので大丈夫でしょう。
やはり、家族等のどうしようもない事を理由にする事で、後腐れなく、そのまま転職をする事が出来るのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職の理由

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ