イメージ画像

医療系の職場へ就職する際の小論文の書き方

Hospital corridor, in gray - 無料写真検索fotoq
photo by Julie70

「医療系の職場」として、ここでは、病院だけでなく、製薬会社や全国展開している薬局なども、考慮範囲に入れることにします。
病院については、看護師・薬剤師に加えて、診療科の受付などを担当する一般の事務職なども考慮し、
製薬会社については、薬剤師に加えて、医薬情報担当者(MR)なども考慮することにします。

「医療系」小論文の心得

上記の医療系の職場へ就職する際の小論文の書き方についても、基本的には、一般的な就職活動での小論文の書き方についての対策が妥当するといえます。
つまり、「採用者側は何を判断するために小論文を出題するのか」ということを十分に考えてみる必要があるのです。
採用する病院側または会社側は、小論文試験を出題することによって、主として、次の2つのことを判断する材料を得たいと考えています。
第1に、他人に手伝ってもらわなくても、独力で、構想を練り、構成を考え、迅速に一定の文章を作成する能力を、
受験者が持っているかどうかを判断する材料を得たいと考えています。
第2に、病院や会社がおおぜいの人たちが集まって協力して活動する組織であることについて十分に理解しているかどうかを判断する材料を得たいと考えています。

病院向けの小論文対策

上記の医療系の職場のうち、病院については、看護師の場合は、看護記録などの報告書についても、看護計画などの計画書についても、
「文章を独力で正確かつ迅速に書き起こす能力」が要求されます。その理由は、患者の健康・生命に直接に関係があるからです。
薬剤師の場合は、現今、病院薬剤師の業務が激変・激増したために、さまざまな場面に薬剤師が関与することになり、
多種多様な事項について、口頭または文書で連絡・説明する機会が増加したことを理由として、簡潔かつ明瞭な言葉で説明できる能力が求められているのです。
さらに、一般の事務職についても、病院スタッフや患者に対して口頭または文書で連絡・説明する職務を担っている点において、同様の能力を期待されているといえます。
この事情は、製薬会社の薬剤師・医薬情報担当者(MR)、全国展開している薬局の薬剤師についても、同様に妥当するといえるでしょう。

製薬会社/薬局向けの小論文対策

次に、「病院や会社がおおぜいの人たちが集まって協力して活動する組織であることについての十分な理解」についても、
病院だけでなく、製薬会社や全国展開している薬局などの場合にも、同様と考えられます。
看護師の場合、病院全体の機構・各部門の役割に関する理解は、看護師自体の医療における役割にも関係するため、極めて重要ですし、
病院薬剤師の場合、薬剤部の機能・病院全体の機構・各部門の役割に関する理解は、チーム医療における薬剤師の役割が拡大しているため、非常に重要です。
さらに、一般の事務職についても、程度の差こそあれ、やはり、病院全体の機構・各部門の役割に関する理解は要求されると考えられます。
製薬会社や全国展開している薬局についても、同様のことがいえます。

では、製薬会社や全国展開している薬局と病院とで、全く違いはないのでしょうか。
研究職の薬剤師の場合には、それほど違いはないといえるでしょうが、
製薬会社の医薬情報担当者(MR)については、安全と公正に関する十分な広報をする地位にあるという認識を持つべきだという要求が特になされるべきだと考えられます。
医薬情報担当者(MR)は、新薬などに関する情報を病院との間で交換する業務に従事するので、上記の認識を十分に持っていることを小論文に示す必要があるといえるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:就活の小論文の書き方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ