イメージ画像

看護師の就職試験での小論文の書き方のコツ

Carlee Huttle as the evil Nurse Ratched - 無料写真検索fotoq
photo by drurydrama (Len Radin)

看護師の就職試験での小論文の書き方についても、基本的には、一般的な就職活動での小論文の書き方についての対策が妥当するといえます。
そこで、採用する病院側が採用試験に小論文試験を出題するのはなぜかについて、つまり、小論文試験出題の目的について、十分に検討しておく必要があります。
病院側が小論文試験を出題する主要な目的は、第1に、独力で正確かつ迅速に文章を作成する能力を受験者がもっているかどうかを判断すること、
第2に、病院という大きな組織の中でおおぜいの人たちと一緒に働く適性と能力が受験者にあるかどうかを判断することです。

看護師に必要とされる主要スキル

第1の「独力で正確かつ迅速に文章を作成する能力」については、看護師の場合には、民間企業の業務以上に、正確性・迅速性が要求されるといえるでしょう。
このことは、看護記録などの報告書についても、看護計画などの計画書についても、同様に妥当するといえます。
その理由は、患者の健康・生命に直接に関係があるからであることは、言うまでもありません。

第2の「組織の中でおおぜいの人たちと一緒に働く適性と能力」については、
実は、一緒に働くスタッフとの関係だけに妥当するのではなく、患者との関係についても妥当することも、言うまでもありません。
さらに、病院全体の機構・各部門の役割に関する理解は、看護師自体の医療における役割にも関係するため、極めて重要なことだと考えられます。
特に、チーム医療における看護師の役割が注目されている現今では、
看護師自体の医療における役割に関する理解を小論文において示すことが求められていると考えるべきでしょう。

スキルだけでなく、基礎コミュニケーションも鍛えておこう

上記の2つの役割に加えて、そもそも分かりやすい表現・説明をする能力自体が、看護師には特に期待されているといえます。
それは、看護師と患者との関係について、外来病棟においても入院病棟においても、看護師からの分かりやすい説明というものが必須だからです。
口頭でも文書でも、分かりやすい説明ができる人材を病院は求めていると考えられます。

さらに、これは小論文の具体的なテーマに関することですが、
「あなたが理想とする看護師像について述べなさい」「患者中心の医療という考え方について、あなたが特に重要だと考えることは何かを論じなさい」
「医療の安全の確保に対して看護師がすべき貢献とはどのようなものかを論じなさい」「チーム医療とは何かを説明した上で、
チーム医療における看護師の役割について論じなさい」などについては、
いつ出題されてもおかしくないテーマだと考えられますので、事前の準備を十分にしておく価値があるといえます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:就活の小論文の書き方

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ