イメージ画像

リクナビNEXTとリクナビエージェントを両方利用:転職サイト利用体験談

リクナビNEXTとリクナビエージェントの両方を実際に使って転職をした方の体験談です。

リクナビNEXTとリクナビエージェントは同じリクルートの転職サービスですが、サービスの趣旨の違いがあります。

 

■リクナビNEXTとリクナビエージェントの違い

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは、リクナビNEXTは基本的には自力で検索機能などを使って手軽に転職をすること、リクナビエージェントはキャリアアドバイザーと面談して求人情報を紹介してくれます。

リクナビNEXT ⇒ 転職先の希望がある程度決まっていて自分で探せる人
リクルートエージェント ⇒ まだ具体的に決まっていなくプロに相談したい人

というように使い分けるとよいでしょう。(参考:リクナビNEXTとリクルートエージェントの違い

また、英語が得意な方や、高度な資格やキャリアがあって高い年収を狙う方はリクルートエージェントの利用でかなり良い案件があり、エージェントの協力で良い転職が決まりやすいようです。

それでは、実際の体験談を紹介します。
※一部タイトル付けや改行、強調など見やすいよう修正してありますが、本文はそのまま掲載しています。


======= 体験談 ========

わたしはリクルートのリクナビNEXTに登録して、転職活動を始めました。大手で安心できる、新卒の就職活動で親しみがあったから、という理由で、リクルートのリクナビNEXTに登録しました。

登録には少し時間がかかります。氏名や住所といった基本情報の他に、学歴を記入する欄や職歴を記入する欄があります。手元に、自分の履歴書や職務経歴書を置いて、登録作業を進めたほうがスムーズにいきます。

わたしは、履歴書も職務経歴書もワードのデータで作成していたので、ほとんどコピー・アンド・ペーストで作業しました。転職活動をしていく上で、複数の転職サイトに登録するでしょうから、この機会に履歴書と職務経歴書のデータを作成しておくことをおすすめします。

登録が終わると、すぐにリクナビNEXTからのメールがきますので、ログイン情報を忘れないようメモしておきました。複数サイトに登録すると、どれがどのログイン情報なのかわからなくなってしまうからです。

登録した翌日、居住地の近くのリクナビ支社の転職エージェントさんから、電話でコンタクトをとる日時を決めるための事前調整メールが来ました。わたしは在職中でしたので、平日午後で何日か希望を上げましたが、第一希望の日時でエージェントさんから連絡がきました。

登録して5日目には、転職エージェントさんと電話でやりとりをし、わたしの転職希望の詳細についてヒアリングしてくれました。

■リクナビNEXTの転職エージェントとのやりとり

リクナビNEXTの転職エージェントさんとのやりとりについて、ご紹介します。

リクナビNEXTのサイトに登録すると、その翌日に、わたしを担当してくれる転職エージェントさんからメールが来ます。そのメールには、わたしの転職に対する思いや希望条件などの詳細をヒアリングするために電話でコンタクトをしたい旨とその電話を何日の何時にすればいいか、という内容が書いてありました。

電話ヒアリングの希望日時は、第3希望ぐらいまであげました。すると、第1希望の日時でエージェントさんから電話をするとメールで確定の連絡があり、実際にその日時に電話がかかってきました。

エージェントさんは若い女性の人でした。まずは登録情報の確認と、これから担当するエージェントさんからの簡単な自己紹介があり、優しくて丁寧な女性エージェントさんだな、という印象をもちました。

サイト登録から電話コンタクトまでの流れはスムーズで、エージェントさんの第一印象も良かったので期待していたのですが、電話コンタクトの内容がいまいちで……。

実は、わたしはキャリア・コンサルタントの資格を持っています。キャリア・コンサルタントが転職活動をするというのもおかしな話ですが、実際にありうるケースですよね。

そのエージェントさんは、確かにしゃべり方は丁寧なんですが、明らかに新人さんのような知識のなさ。他のエージェントさんに変わってほしいとも言えず、結局違う転職サイトに登録し直して、リクナビNEXTでお世話になることはありませんでした。

■リクナビNEXTからリクルートエージェントへ

転職活動を始めるにあたって、まず、職場の中の良い同僚と先輩に、「転職したい」という強い希望を伝えておきました。特に職場の先輩は、何回か転職を経験しているので、何か良い情報をくれるかもしれない、と思ったからです。

案の定、その先輩が、使ってよかったという転職サイトを教えてくれました。リクナビエージェントでした。

以前リクナビNEXTに登録して満足できなかったことを伝えておいたのですが、リクナビエージェントの方が、わたしのように資格やスキルが高めの人には向いている、とのことでした。

リクナビエージェントでは、「キャリア診断」というカウンセリングを、専門のキャリア・アドバイザーが行ってくれます。わたしも実際に、対面式のキャリア診断を受けてみました。そこでは、キャリア・アドバイザーの方が、わたしの過去の学歴やアルバイト歴から現在の職歴まで丁寧に聞きだしてくれました。

また、性格やキャリア志向までテストしてくださって、自分が仕事のどういた点に価値をおいているのかなど、プロフィール化してくれました。

最終的には、わたしの転職市場での価値がどれぐらいあるか、といった踏み込んだところまでアドバイスしてくれました。このキャリア・アドバイザーとの面談だけでも十分満足できました。

===================

今回のこの方は担当した若い女性のエージェントが新人さんだったのと、この方自身がキャリア・コンサルタントの資格を持っていたのでリクナビNEXTには満足できなかったようです。

このように転職サイトは実際に担当するエージェントとの相性によっては満足のいかないこともあるようですし、大手といえど1社だけでは情報に限りがありますので、複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

また、この方が利用したのは同じリクルート系列の「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」。

リクナビNEXTとリクルートエージェントの違いは、リクナビNEXTは基本的には自力で検索機能などを使って手軽に転職をすること、リクナビエージェントはキャリアアドバイザーと面談して求人情報を紹介してくれます。

希望条件がだいたい決まっていて自分で探せる人 ⇒ リクナビNEXT
まだ具体的に決まっていなくプロに相談したい人 ⇒ リクルートエージェント
というように使い分けるとよいでしょう。

参考:リクナビNEXTとリクルートエージェントの違い

 

>>リクナビNEXT(公式サイト)はこちら

 

>>リクルートエージェント(公式サイト)はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職サイト利用体験談

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ