イメージ画像

「転職する」と言っていつまでもしない人と、良い転職をする人の違い

「転職する」と言っていつまでも転職しない人は、どこの職場にもいるものです。

そういう人に限って口ばかりで具体的な行動は何もしていないものです。

上司や環境の愚痴ばかりでなく、小さな一歩でもいいから具体的な行動をしないと何も始まりません。

転職活動の第一歩は転職サイトへ無料登録をすること。

非公開求人などの良い求人情報が入ってくるようになれば、一生懸命探さなくても「え?自分てこんなに年収もらえるんだ」「この職場楽しそう」という良い職場が見つかるものです。

======= 体験談 ========

知人のDが転職した時の話です。Dは都内にあるチェーン店のマッサージ屋で働いていたんですが、10年間勤めたそこをある春に辞めて独立したんです。以前から、「いつかは独立したい」とは聞いていましたが、かなり突然だったので驚きましたね。

年明けにお店を仕切るエリアマネージャーが変わり、合わなくなったというのがきっかけだったみたいです。マッサージ業界も10年を超えて、キャリアも出来てきたし、自分の腕を試したいという思いもあって、思い切ってお店を辞めたそうなんですが、結果は大正解。

都内で物件を借りる余裕はなかったので、都下の新築マンションの一室を借りてお店を始めたのですが、最初の月こそ売り上げはふるわなかったものの、そこから半年間は右肩上がりで、開店から一年もせずに黒字になったんです。「最初はどうなることかと思った」とDは当時を振り返って言います。そして「勇気を出して踏み出してよかった」とも。

Dは周囲に相談したりしないし、動く時は自分で決めて動く人です。結局、そういう人が結果を出していくんだなと思います。

私の職場にも、「来年こそは辞める。転職する」という人が、思いつくだけで4、5人はいて(笑)、そういう人に限っていつまでも転職なんてしないんですよね。

する人は四の五の言わないんでするんです。だから、「あえて(転職のことは)口に出さない」のも良いと思います。口にすると、言っただけで「やった気」になる、という部分があるような気がするんです。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職成功体験談

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ