イメージ画像

5回の転職で見つけた天職、やりたい仕事(転職成功体験談)

新卒の就職活動の時、正直自分が何の仕事をしたいか、という部分がいまいち分からずに中途半端な会社の内定をもらい、そこへ入社を決めてしまったという方も多いことでしょう。

でも、学生のうちからやりたいことがハッキリしている人なんか、そうはいないものです。社会に出て働いていると、ふと自分がやりたいことが見えてくることがあります。

そんな時は迷わず行動に移しましょう。

転職サイトに登録をする

そんな小さな行動から、その業界の求人情報から動向や給与の水準などの情報を知り、より具体的になっていきます。

小さな一歩でも行動を起こすことがきっかけとなり、惰性で仕事を続けているあなたの人生を実りのある楽しい毎日に変えてくれるかもしれませんよ。

======= 体験談 ========

自慢じゃないけど、私はこれまで5つの職場へ転職している。

職業を変えた本当の意味での転職は1回、あとは同業種の中で組織を移るいわゆる「転社」というもの。しかしこれも一般的には転職だろう。

私は新卒の就職活動の時、正直自分が何の仕事をしたいか、という部分がいまいち分からずにいた。確かにおぼろげにはあったものの、思いはそう強くなく、だから試験を受けてももちろん通るはずもなく、対策もほとんど練らなかった。

ぼんやりとした憧れだけだった。それで結局目指す方向から考えれば、とても中途半端な会社の内定をもらい、そこへ入社を決めた。

しかし実際に社会に出てみて色々な事を実感する中で、自分の本当にやりたかったことが見えてきた。見えてきてからは早かった。

上司に掛け合い、仕事をしながら学校へ通う事を許可してもらい、私は勉強を始めた。

そして1年後、憧れの職業に転職する事に決めた。年齢も若く、何よりやる気に満ちていた。

それから今日まで15年ちょっと。会社は転々としたものの、私はその時に得た職業を今でも続けている。辛い事も多く、何度も挫折したり、辞めたいと思った。

しかし客観的に見ても、自分にはその仕事が向いていると思うし、他の仕事をしている姿が想像できない。
私は思う。

学生のうちからやりたいことがハッキリしている人なんか、そうはいない。

ましてや「これが天職」なんて思える仕事に就けるどころか、見つけられる人だってほとんどいないのではないか。それは働きながらでいいと思う。

社会に出て、実体験として社会勉強をしながら、見つけていけばいい。

そのために何度も転職を繰り返す事だって悪くない。私は1度目の転職でそれを見つける事ができたけれど、人によっては10年かかる人だっている。

それでもいいと思う。転職は、天職への道のひとつだと思うから。
私もこの先、また転職をして新しい天職に巡り会うかもしれない。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:転職成功体験談

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ