イメージ画像

仕事が忙しくて辞められない

仕事が忙しくて退職をしたくても辞めることができないという事もあるでしょう。
その理由は大きく分けると2つあると思います。

1つ目は、人材不足が原因で辞めることができない。
2つ目は、繁盛期で忙しくて辞めることができない。

忙しくて辞められない職場をどうにかしてほしいと思っていても、それを行動に移さなくては何も変わりません。
忙しくて辞められない職場をどうにかしてほしいと思うのではなく、どうすれば退職できるのかを考えるようにするべきです。

まず、人材不足によって忙しくて辞めることができない、会社が受理をしてくれないとしても、法律上辞めることができますし、新しく人材を確保すればいいだけの話です。

さすがに、退職予定日から数週間前などだと、人材を確保するのは難しいですから、最低でも1か月前に早める旨を伝え、求人をしてもらうなり、後任者に引き継ぎをしたりしましょう。

会社が繁盛期なのであれば、その繁盛期が終わってから、退職をする旨を伝えたほうが円満退職できるでしょう。
会社としても、繁盛期中に辞められてしまうと、後任者や求人募集をするとしても、新人や後任者の指導をしながら仕事をするのは相当難しくなってしまいます。

ですから、繁盛期が終わりそうになったタイミングで、余裕をもって退職をしたいという相談を持ちかけるようにしましょう。

そして、後任者への引継ぎを閑散期に行うことで、スムーズに退職しやすくなります。
忙しくて辞められない職場をどうにかしてほしいというよりも、辞めさせてもらいやすくするにはどうすればいいのかを考えたほうが良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ