イメージ画像

円満退職するためのコツ

退職時にトラブルになってしまうと後味がとても悪くなってしまいますし、トラブルになったことで悪評が広まってしまうなんてこともあります。

退職した会社と転職先の会社が実は関わり合いを持っていたりしてしまうと、退職時にトラブルになってしまうと、自分の評価が下がることになりかねません。仕事で昔の同僚と鉢合わせをしても気まずくなってしまいますし、転職先に迷惑をかけかねません。

今回は円満退職のためやっておいてよかったことについて紹介をします。

まず、最初にクリアをしておかなくてはならない事として、余裕をもって退職の意思を上司に伝える必要があります。

よく1か月前には相談をしておくと言われているのですが、余裕を持って2~3か月前には退職の相談をしておくべきです。

また、とても忙しい時期や、プロジェクトに参加をしているのであれば、プロジェクトが終わってから、相談をしましょう。このタイミングで退職をしようとしてしまうと、上司にも同僚にも迷惑をかけてしまいますし、すぐに退職をさせてくれる確率も下がります。

そして、退職1か月前までには、自分の後任者を上司と話し合い、その後任者に自分の仕事の引継ぎをしっかりと行います。

引き継ぎだけではなく、マニュアルも作成したほうが、後任者も仕事をやりやすくなるでしょうから、事前に仕事マニュアルの作成をすることをお勧めします。

また、上司に退職の相談をするときや、退職願を提出する時に、退職をする理由を報告する必要があるのですが、
少なくとも、退職願では一身上の都合と書いておき、相談をするときにも、会社や仕事に対しての不満をあまり言わないようにしたほうが良いでしょう。

これらの円満退職のためにやっておいてよかったことは、しっかりとやり退職をしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ