イメージ画像

辞めたいのに辞められない

退職をしたいと思って、会社に退職をしたいという旨を伝えていても、引き留められてしまって退職願を受理してもらえないと言う事もあるかもしれません。

辞めたいのに会社から引き留められる、その理由はいくつか考えられます。

辞めたいのに会社から引き留められる理由を紹介しますので、自分がその理由に該当をしていないか振り返ってみてください。

1 はっきりと退職を伝えていない

曖昧な表現で退職をしたいと言う事を伝えてしまうと、会社に引き留められる可能性が高いと判断されてしまいやすいです。

退職をする意志が固いのであれば、はっきりと退職をすることを伝えるようにしなくてはなりません。

2 会社に対しての不満を理由にして退職をしようとしている

例えば、給料や勤務時間などといった不満を理由にして退職をしようとしている場合、他に代わりの人がいない会社というのは、その不満を改善させて、辞めたいのに会社から引き留められる状況になりやすいです。

その不満が事実だとして、退職できたとしても、円満退職をすることは難しくなってしまいますし、引き留められるとしても、職場での人間関係に支障をきたす可能性が高くなってしまいます。

3 タイミングが悪い

会社によっては、繁盛期になっていて、新しく人材を採用しても、育成をする時間がなかったり、誰かに埋め合わせをさせる余裕もないという場合もあります。このような場合も、辞めたいのに会社から引き留められる可能性が高いです。

ここで無理やり退職をしようとしても、退職時にトラブルになりかねません。
このような場合は、閑散期に退職するように調節をしたほうが良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ