イメージ画像

辞めた後の会社や同僚達との良好な関係を保つには

長年同じ職場で働いていると、休日に一緒に遊びに行ったり、休憩時間に雑談をするような仲のいい同僚がいるということもあるでしょう。
そんな同僚と退職をした後も関係を続けていきたいと思っている人もいるのではないでしょうか?
今回は、退職後も会社や同僚たちと良い関係を築いておきたいと思っている人のために、どうすれば良好な関係を保つことができるのかを紹介したいと思います。

まず、退職をするときに、同僚たちに自分の仕事のしわ寄せをさせないように、忙しい時期に退職をしないということが大切です。
手が回らない時期や人材がいない時に退職をされてしまうと、同僚たち非常に迷惑をかけてしまいます。
ここで、関係が崩れてしまうという人が多いのです。なので、比較的暇な時期に退職できるように調整をしておくことが大切です。そうすれば、同僚たちの負担もかなり軽減されるはずです。

また、退職をするときに快く送り出してもらうためにも、退職時にちゃんとあいさつをしておくことも大切です。
この時に、仲のいい同僚とメールアドレスなどを交換しておくと、退職後も連絡を取れるようになるので、継続して関係を保てるようになりやすいです。

また退職が決まったからと言って、仕事に手を抜かないでください。手を抜くのではなく、これまで以上に仕事に打ち込んでおいたほうが、同僚たちからの印象も良くなります。

退職後も会社や同僚たちと良い関係を築いておきたいのであれば、退職時期を考えることと好印象を残して退職することを意識して行動をしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ