イメージ画像

退職までの必要な期間について

退職をして、新しい職場に転職をしたいと思っている人にとって、退職するまでの必要期間というのは、とても重要です。どれくらいで辞めることができるのかが分からなければ、どのタイミングで転職活動をすればいいのか分かりません。

法律上では、退職日の2週間前に退職をする意思を伝えればいいと定められているのですが、さすがに2週間前だと、会社も人員の確保をすることは難しいでしょう。

それに、会社によって就業規則があると思います。就業規則に、退職希望日の何日前に申し出なくてはならないのかを定めていると思いますので、就業規則を確認してください。

また、あくまでも退職希望日であり、その希望日に必ず退職できるとは限りません。
いつ退職をするのかは、上司と話し合いをし、計画を立てながら退職日を決めることが大切です。

さすがに、退職希望日から何か月も離れてしまうのであれば、交渉をする必要があるでしょう。
ただし、こちらの意見を強引に押し通そうとしても、円満退職から遠ざかってしまいますから、ギブアンドテイクが大切になります。

退職までに必要な期間てどのくらい?

これは、その会社の状態や人員の状況によってかなり違ってくる場合もあると言う事です。
ですから、上司に退職をする意思を伝えても、1か月で退職できる場合もあれば、3か月後に退職できるという場合もあるのです。

もしも就業規則もなく、上司が手続きをしてくれない、話し合いにも応じてくれないというのであれば、法律で認められている一方的通告を活用することも考えたほうが良いかもしれません。

この一方的通告というのは、雇用を一方的に解約できるというものです。

円満退職とは言えませんが、これは法律で定められた労働者側の権利となっていますから、やむを得ない場合は、この権利を使うべきでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ