イメージ画像

退職を伝える前の準備

会社を辞めることを伝える前にしておく準備を完了させてから、退職をしたいという意思を上司に伝えなくてはなりません。この準備をしっかりと終らせておかなくては、会社にとっても自分にとっても円満退職ができなくなることだってあるのです。

会社を辞めることを伝える前にしておく準備とは、どのような準備があるのかをご紹介します。

希望する業界の求人情報を確認

まず、退職後に転職をするつもりなのであれば、自分が希望する業界が求人をしているかを確認しましょう。

特に希望する業界の求人がないとしても、自分のこれまでのキャリアなどを考えて求人を探す必要があります。
退職をしてから探そうとすると、自分がしたい仕事が見つからなくて、転職をすることもできず、収入がない状態になりかねません。

ですから、先に求人状況を把握し、思ったような求人がないのであれば、退職をせずに様子を見ることも大切でしょう。

仕事の忙しさや就業規則の確認

次に、現在の仕事の忙しさや就業規則の確認をします。

就業規則に、辞める何か月前に伝えなくてはならないのかが書かれているか確認をしたり、自分が退職をしても業務に支障がないのかを確認してから、上司に報告をします。

会社を辞めることを伝える前にしておく準備が終わったとしても、まだ上司との話し合いが残っています。
ですから、事前にしておくべきことが終わったから、すぐに転職活動をするのではなく、話し合いが終わって、退職日が決まってから、転職活動を開始しましょう。

退職をするまでにしなくてはならないことはたくさんありますが、これもスムーズかつ少しでも会社に迷惑をかけないようにするために必要なことなのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ