イメージ画像

退職前の書類整理のコツ

勤務年数が長ければ長いほど、書類も増えていき、退職時の書類整理がとても大変になってしまうものです。
書類整理をしていると、もう何年も前の書類が出てきてしまったりすることもあるでしょう。

書類などの整理は長く勤めるほどけっこう大変ですから、退職をするときのことも考えて、日ごろから書類整理をしておいたほうが、いざ退職をするときの書類整理が楽になります。

後任者が必要になる書類などは、ファイルにしてまとめて、後任者がすぐに書類を見つけられるようにしておくといいでしょう。

また、会社から書類を家に持ち帰ったりすることがあるのであれば、自宅に返却をしなくてはならない書類はないか徹底して調べておいてください。重要な書類だと、最悪の場合、訴えられてしまうなんてこともあります。

そして、自分は必要ない書類だと思っていても、会社にとってはとても大切な書類だという場合もあります。
ですから自分用ではなく、会社の書類なのであれば、必ず上司の確認をとり、必要ない書類だけを破棄してください。 独断で会社の書類を破棄してしまうと、後々トラブルになりかねません。

また退職をする場合、会社に返してもらう書類も忘れてはいけません。
年金手帳・源泉徴収票・離職票・健康保険被保険者資格喪失確認通知書・雇用保険被保険者証は、転職時に求められることもあります。ですから、退職をするときに必ず会社から返してもらわなくてはなりません。

書類などの整理は長く勤めるほどけっこう大変ではあるのですが、書類整理は、会社に迷惑をかけずに退職をするうえで大切なことですから、手抜きをせずに書類整理を行ってください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ