イメージ画像

部下のことを考えると辞められない

課長などといった管理職や、班長などといった部下がいる立場だと、板挟みになってしまったりして、退職をしたいと言う事もあるでしょう。

ですが、部下がいるという責任感から、自分が退職をしたら、会社にも部下にも迷惑をかけてしまうのではないかと思って、退職できずにいる人も多いのではないでしょうか?

辞めたいけど部下の仕事が増えて申し訳ないため悩んでしまう、その結果、ストレスを感じてしまうという人は少なくありません。

部下に少しでも迷惑をかけずに退職をするためにするべきことを紹介していきたいと思います。

部下に少しでも迷惑をかけずに退職をするには

責任者、または管理職として、退職をするということは、後任者がいるということになります。
ですから、部下にも後任者にも迷惑をかけず、自分がいなくなってもスムーズに仕事が行えるようにマニュアルをしっかりと作っておきましょう。

また、部下によって得手不得手などもいると思います。

後任者がいるのであれば、自分の部下たちの特徴や長所と短所などもしっかりと教えるようにして、仕事をしやすくしてあげることも上司としての配慮だと思います。

そして、仕事の引継ぎも大切ですが、役職を持っていると、取引会社とのパイプがあると言う事もあるでしょう。
その取引会社とのパイプも部下や後任者に引き継がせていくことも大切なことです。

辞めたいけど部下の仕事が増えて申し訳ないため悩んでしまうのであれば、最低でもこれらのことは徹底して行うことで、その仕事の負担を軽減さやすくなり、自分が退職をする穴も小さくなるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:退職に関して

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ