イメージ画像

能力が正当に評価されていない人の転職

転職してよかったと思えることは人によっていろいろ違ってきますが、やはり一番多いのは給料の面の改善です。つまり、給料アップですね。

単純に基本給が上がるだけでなく、ボーナス無しの会社からボーナスがたくさん支給される会社へ、残業代が出ない会社から残業代が出る会社へなど、いろいろあります。

給料の低い職場で残業代も出ずボーナスも出ず、昇給もほとんどない。日々の生活も切り詰めて節約節約で暮らしている「仕事ができる人」ってけっこういるんですよね。

そんな状態から転職をすることで給料が一気に上がり、食事も好きなものを毎日食べて、我慢せずに美味しいものを毎日楽しむ。

洋服も我慢せずに好きなものを買えるようになり、それでも毎月貯金も増えていき、ボーナスでは大きな買い物やたくさんの貯金を手に入れる。

そんな生活を転職によって手に入れた人もいます。

今は不況によって、能力は高いのに安い給料で働いている人がたくさんいます。

企業が稼ぐ能力がないのが社員の給料に転嫁され、能力を正当に評価した分だけの給料を支払うことができていないのですね。

でも、その人が知らないだけで、高い能力の人を欲しがっていて、能力に見合った給料を払ってくれる企業もたくさんあります。

そこのマッチングがうまくいっていないだけなんですね。

それをつなげる役割を果たしてくれるのが転職サイトです。

今はお金をかけて社員の募集をしてもいい人なかなか来ません。面接の手間もかかるし、企業としては良い人だけを紹介して欲しいんです。

そして能力のある多くの人はより良い条件(給料・待遇など)で仕事をしたい。

それをマッチングしてくれるのが転職サイトです。

能力の高い人ほど企業も欲しがっているし、転職エージェントも企業に紹介したがっているので有利ですよ。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年9月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:給料アップ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ