イメージ画像

職場環境・仕事の人間関係で転職を決意(私が転職した理由)

現代のストレスの原因の大きなものに仕事や職場のストレスがあります。職場内でも特に人間関係のストレスが大きいようですね。

日本の文化では「続けることが大事」とも言われていますので、ストレスを抱えた職場での仕事を続けてしまう方も多いですが、それでいいんですか?

もちろん自分に原因がある場合は自分が変わらなければ変わらないものです。ただ、中にはどうしようもない人間もいます。年功序列の企業やワンマン社長の企業などは、そういうどうしようもない人間が上にいたりするものです

そんな人が職場にいたら、しかも「なるべく関わらないように」ということができない相手だったり直属の上司だったりしたら・・・これはその環境にい続けてしまえばあなたの性格まで影響されかねないですよ。

人間関係を変えるには自分が変わることが一番大事です。
でも”自分が変われる環境”にいることも大事です。

「継続は力なり」「続けることが大事」「どこへ行っても同じ」はわかりますが、度を越えている場合は、他に良い職場がないかの情報収集を始めてみることも、あなたの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

人間関係だけでなく、転職によって給料が上がったり拘束時間が減ったりといった”良い職場環境”も、たくさんの選択肢を持っていると見つかるものですよ。

======= 体験談 ========

現代は、様々なストレスにさらされて人々は生きています。

中でも、人間関係というのは、最大の要因のように思うのは私だけではないでしょう。

この人間関係というのは、生活の中でもより多くの時間を過ごす、仕事、職場でも影響が大きいようです。

この問題に関しては、どれが正解だとか、どれが不正解だということはなく、自分の選択に全てが委ねられます。

どうしても職場環境、特に人間関係でやっていけないという理由で、転職をする人は多いように感じます。
転職理由のトップに、いつの時代もこれが挙がっているようです。

私も何度か転職経験があり、その度に「またこれかぁ」と向き合ってきたつもりです。

他人から見た自分がどうかではなく、自分がどうしても厳しいと感じるのなら、それが素直な感情だと思うのです。

それを転換期と捉え、転職活動を始める方がよほど健康的にも思えます。

その想いに正直になると、いつも心持ちに変化があるのです。

眠れなかったそれまでの毎日でも、多少なりとも寝つきがよくなったり、未来に焦点をあてられる考え方が出来るような余裕が生まれるのです。

「どこへ行っても同じだから」という周囲の声もありますが、もしかしたらという期待に胸を膨らませる方が輝かしいと思います。

転職は、いろんな経験を積むチャンスだと捉え、うまく人間関係を保つことにも繋がる気がします。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:私が転職した理由(体験談)

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ